韓国ドラマを見て思ったことを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
後で書きますが、「風の国」がいよいよ、4日から放送ですね。(吹き替えですが)
そして、今日、再放送されていた「朱豪」も終わりました。

書かなくては、書かなくては・・・と思いながらもなかなか書くことができず。。
過去の記事を見たら全然書いてない・・(-。-;)

と、言うことで、慌てて最終回を見直しました。
すでに忘れてた。。

さて、この長いドラマとても面白かったです。

私がこの朱豪で一番は面白く見たのは、
チュモンと師匠であるヘモス将軍との出会い、後に父だということがわかるところが
がワクワクしながら見ました。


P1090985.jpg
最後の方はちょっとおかしくなってきた長男テソ。

P1090986.jpg
何をやっても、何を企んでも失敗する次男ヨンポ。

P1090980.jpg
最後は高句麗の王にチュモン。

この時代は、紀元前のお話。
紀元前20年とかの時代って、日本ではまだ弥生時代なのかな?
そんな時代に、お隣朝鮮はすごく発展していたのですね。
いつも思います。
そして、この時代が一番きらびやかであったと。。
毎回、ソソノの髪飾りとか、着物や鉢巻?に目を奪われました。
本当にきれいで。

P1090969.jpg

P1090978.jpg
離れ離れになっていたチュモンの奥さん、イェソヤ。

P1090981.jpg
チュモンの息子ユリ。
結構可愛いね。京城スキャンダルの時よりもいい。髪が長いからか?

チュモンとユリの再会のシーンも良かったです。

テソとチュモンの戦いの場面。
してやったりで、気持ちよかったのですが、

P1090965.jpg
この人を見ると、格闘家の角田さんを思い出すのですが・・・

このシーン。
待て待て~~と追いかけたはいいけど、挟み撃ちにあって。。

どうして、この人一人で行ったんだよ~~。
早く他の人も来て~~遅いよ~って言いながら見てました。

だってだって、この戦、あの逃げた漢のファンをつぶす戦い。
主が逃げていったんだから、他の人も追いかけてよ~って。
この人死ななきゃいけなかったのかな~?

後、結構好きだった
P1090973.jpg
モパルモ親方。ダンプ松本さんを思い出します。。笑


最後に、そういえば前のチュモンの挿入歌に付いて書きましたが、
あの後位から、あの曲が流れました。
そして、途中からデジタルで見るようになってびっくり!
今までアナログで見ていたときと比べて画質がきれいなので、見え方も違うんですよね。
てっきり映画のような画質(8ミリビデオ)なのかと思っていたら、
しっかりビデオ画質(日本のドラマ)でした。
しかも、字幕の大きさも違うんですよね。

さて、そして、いよいよ4日から
チュモンの息子ユリ王の時代、ユリの息子ムヒョルが主人公のドラマ
「風の国」
36話と朱豪に比べると短いですが、楽しみです。

BSフジさんのHPはまだできていないのかな?
公式HPもまだTOPだけみたい。。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
スポンサーサイト
2009.02.02 / Top↑
ずっと前ですが、テレビで韓国のソプラノ歌手が、アベマリアを歌っているのを見ました。
すごく感動して、うまいな~って。

その時は名前もわからずに、いつか探してみようと思っていたのですが、
すっかり忘れていたのです。

と、今日たまたまGyaOのニュース欄で、
韓国のソプラノ歌手スミ・ジョーが・・・・って記事を見かけて、
あっ、この人かもしれないと、youtubeで探してみました。

ありました、ありました。
きっとこの人です。
そして、このスミ・ジョーさん、朱豪の挿入歌「愛の記憶」を歌っているそうで、
それも探してみました。


動画を見ていると、いつも吹き替えだから、なんだか別のドラマを見ている感じ。
とっても凛々しく見えるし映像も違って見えます。
ちょっと感じが違うチュモンを愛の記憶に乗せてどうぞ。



で、感動したアベマリアもよかったらどうぞ。



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ブログランキングに参加しています。
よかったら応援してね。
2008.10.01 / Top↑
もう、溜まりに溜まった「朱豪」 確か始まったのは昨年の4月からでしたね。 DVDのHDDにかなり占領してしまって、 いっそのこと見ずに削除しようかと思ったほど。 しかし、今年に入ってから腰を傷め、あまりPCのイスにも座っていられず、 寒さも手伝って私をコタツの中へいざなう。笑 そうなれば、自然とドラマを見る体勢に。 ネットする時間よりもドラマを見る時間のほうが多くなっている お陰で、毎週見ているものの他にも見る時間ができてきました。 そこでようやく手をつけたのが「朱豪」 (説明が長くてスミマセン) いや~~ん、はじめから面白いです~~。 なんかね、どんどん引き込まれていきます。 吹き替えは好きではありませんが、 時代劇は難しい漢字を読むのに時間が掛かり覚えられない。爆 吹き替えの方が楽です。 そして、BSではかなりのカットは覚悟ですが、 ここまで溜まってしまったドラマ。 (見始めたときはすでに40話まで溜まっていました。) ちょうどいい時間です・・・。一気に今日で12話まで見ました。
27.jpg チュモン(朱豪)ソン・イルグクssi プヨの3番目の王子として育つ。
43.jpg プヨの1番目の王子 テソ(帯素) キム・スンス 左
photo_420_1_1_no_292_1.gif ヨンポ / ウォン・ギジュン プヨの2番目の王子
ドラマを見ていると、つい目がいってしまうものがあります。 それは、この王子や陛下が巻いている鉢巻?の真ん中についている飾り。 なぜかきれいだな~って見とれてしまうのです。 上の写真のものは宝石が付いてませんが、 特に宝石が付いているものが好きなんです。 なんでだろうか・・・。
sosono1.jpg ソソノ(召西奴) / ハン・ヘジン 大商団を率いるヨンタバルの娘。
それと、この人。
34.jpg サヨン / ペ・スビン
ヨンタバルを陰で支えている策士。 で、この人ね、アン・ジェウクに見えるんです。 似てませんか~? とにかく、12話までも毎回目が離せないほどの面白さ。 全81話(長い~~~~)で一体どんな話に変わっているのでしょうか。 リアルタイムでは42話。半分です。 あらすじやドラマを見ようと思えば見れる状況ですが、 順番にワクワクしながら見ていこうと思います。 とにかく、面白いです。 同じ時代劇ということで、太王四神記とごちゃ混ぜになったりしますが。。。
2008.02.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。